建設業許可取得に強い坪井事務所 建設業界フルサポートサービス(名古屋・愛知・岐阜・三重)

 

経営事項審査

経営事項審査とは

 官公庁発注の公共工事を受注しようとする場合、決算期ごとに受ける必要のある審査です。経営事項審査を申請することにより、点数が付与され、点数に応じて、国、県、市町村の各自治体によりランクが決定します。点数は、工事業種毎の完成工事高(X1)、自己資本額、利払前税引前償却前利益の額(X2)、業種毎の技術職員数、元請完成工事高(Z)、その他の審査項目(W)、経営状況(Y)から構成されており、合計点数が総合評定値(P)で算出され、このP点が経営事項審査の点数になります。

その他の審査項目の内訳 ①雇用保険、社会保険の加入 ②建設業許可取得からの営業年数 ③防災活動の有無(協会加入、市町村との防災協定など) ④法令遵守の状況 ⑤建設業の経理の状況(2級建設業経理士の有無など) ⑥ISOの取得状況(ISO90001、ISO14001) ⑦若年技術者、若年技能労働者の育成及び確保の状況

経営事項審査のポイント

 入札を行おうとする官公庁のランクを調査したうえで、目標となる経営事項審査の点数を決定します。会社の現状の点数と目標点数の差を確認し、事前に何点になるかを想定するのがポイントです。

申請の際の注意点

 目標となる点数が達成できるよう、事前に

P=X1(0.25)+X2(0.15)+Z(0.25)+W(0.15)+Y(0.2)の計算式により点数をシミュレーションします。 Y点(決算書) X1 純支払利息比率 (支払利息-受取利息配当金)/売上高×100 X2 負債回転期間(流動負債+固定負債)/(売上高÷12) X3 総資本売上総利益率 売上総利益/総資本(2期平均)×100 X4 売上高経常利益率 経常利益/売上高×100 X5 自己資本対固定資産比率 自己資本/固定資産×100 X6 自己資本比率 自己資本/総資本×100 X7 営業キャッシュフロー(絶対額) 営業キャッシュフロー/1憶(2期平均) X8 利益剰余金(絶対額) 利益剰余金/1憶

点数アップについて

 P点アップのためには、様々な方法が考えられますが、まずは現状を正しく認識し、加点対象になっているもので漏れがないか確認します。当事務所で見直しをした案件の中には100点以上点数がアップした事例もあります。

建設業新規許認可申請のことなら!お任せください!TEL.052-982-6877またはお問い合わせフォームから