建設業許可取得に強い行政書士法人TSUBOI A.P. 建設業界フルサポートサービス(名古屋・愛知・岐阜・三重)

ブログ・新着情報

公開日:2022.06.06

建設業者が産業廃棄物処理に違反した際の監督処分基準が厳罰化

国土交通省は、令和4年5月26日「建設業者の不正行為等に対する監督処分基準」を改正しました。改正されたのは、「廃棄物処理法に違反した建設業者への監督処分基準」です。
これまでは、「労働基準法違反等」と一括りにされていたものが「産業廃棄物処理法違反」に関する処分基準が新設され、更に内容も厳罰化されています。具体的には下記の通りです。

【従来の基準】
役員等または政令で定める使用人が「産業廃棄物処理法等」に違反し
●懲役刑に処せられた場合:「7日以上」の営業停止
●上記以外の刑に処せられた場合:「3日以上」の営業停止


【改正後の基準】
役員等または政令で定める使用人が「産業廃棄物処理法」に違反し
●懲役刑に処せられた場合:「15日以上」の営業停止
●上記以外の刑に処せられた場合:「7日以上」の営業停止



建設業者の不正行為等に対する監督処分の基準(新旧対照表:最終改正 令和4年5月26日国不建第79号)


監督処分基準の改正 | 産業廃棄物処理法 | 建設業者の不正行為等に対する監督処分の基準

建設業新規許認可申請のことなら!お任せください!TEL.052-982-6877またはお問い合わせフォームから