建設業許可取得に強い行政書士法人TSUBOI A.P. 建設業界フルサポートサービス(名古屋・愛知・岐阜・三重)

ブログ・新着情報

公開日:2022.01.12

建設業29業種の解説シリーズ⑭ ~舗装工事~

1.舗装工事の定義

道路等の地盤面をアスファルト、コンクリート、砂、砂利、砕石等により舗装する工事


2.舗装工事に該当する工事(具体例)

◎アスファルト舗装工事 ◎コンクリート舗装工事 ◎ブロック舗装工事 ◎路盤築造工事


💡路盤築造工事とは?
道路の場所や交通量等にもよりますが、道路の構造は下から「路体・路床・路盤(下層・上層)・アスファルト(基礎・中層・表層)」を重ねて作られています。このうち、路盤を築造するのが路盤築造工事で、アスファルト舗装の前に砕石などを敷き詰めて平坦にならしたあと締め固めて築造します。


3.注意点
舗装工事の注意点として、「人工芝のはり付け工事」がありますが、注意すべき点は下記の通りです

「人工芝を単に敷くのみ」・・・建設工事ではありません
「地盤面をコンクリート等で舗装した上にはり付ける」・・・舗装工事となります。




建設業許可29業種 | 舗装工事 | 路盤築造工事

建設業新規許認可申請のことなら!お任せください!TEL.052-982-6877またはお問い合わせフォームから