建設業許可取得に強い坪井事務所 建設業界フルサポートサービス(名古屋・愛知・岐阜・三重)

ブログ・新着情報

2021.05.27

新・担い手三法と建設業法改正-④ ~主任技術者、監理技術者に関する変更編~

 令和2年10月1日の改正のうち今回は「技術者に関する変更」について取り上げていきます。変更点は以下の通りです。


【変更点】
①特定専門工事における主任技術者配置の見直し
②監理技術者の現場専任の一部緩和


 それぞれの変更について確認していきます。


【①特定専門工事における主任技術者配置の見直し】


 まず、「特定専門工事」とはどのような工事かというと、


 ●工事種別:型枠又は鉄筋工事
 ●条件:当該工事の施工にあたって下請契約する金額の合計が3500万円未満


 の両方を満たす工事です。


 この場合、それぞれの合意があれば元請人や上位下請人が一括で施工管理することで、下請人は主任技術者の配置が不要となりました。

主任技術者の配置義務の見直し①(建設業法26条の3)

出典:国土交通省 新・担い手三法について ~建設業法、入契法、品確法の一体改正について

建設業新規許認可申請のことなら!お任せください!TEL.052-982-6877またはお問い合わせフォームから