建設業許可取得に強い坪井事務所 建設業界フルサポートサービス(名古屋・愛知・岐阜・三重)

ブログ・新着情報

公開日:2021.10.07  最終更新日:2021.10.21

特定技能外国人受入の流れ(新規入国者の場合)~特定技能解説シリーズ④-1~ 

今回は、国外での試験に合格した外国人等を雇用し、新たに日本へ入国させる際の手続きを確認します。


【手続きの流れ(※状況に応じて流れが前後することもあります)】

① 受入機関としての条件を整える
 ・建設業許可の取得(既に許可済みであれば省略可)
 ・建設キャリアアップシステムへの登録申請(既に登録済みの場合は省略可)
 ・「(一社)特定技能人材機構(JAC)」に直接または間接的に加入
                    ↓ 
② 雇用契約に関する重要事項説明と雇用契約(母国語による)
                    ↓
③ 「建設特定技能受入計画」の認定申請(申請先:国交省)(審査期間1.5~2ヶ月)
                    ↓
④ 「在留資格認定証明書交付申請」の申請(申請先:地方出入国在留管理局)(審査期間1~3カ月)
※③④は同時申請も可          ↓
⑤ 「在留資格認定証明書」の受領
                    ↓
⑥ 「在留資格認定証明書」を外国人本人へ郵送
  在外公館にてビザ(査証)の申請及び受領(審査期間:一般的には1週間程度)
                    ↓
⑦ 入国管理局にて「在留資格認定・入国」
                    ↓
⑧ 受入機関にて就労開始
                    ↓
⑨ 受入後の手続きを行う
 ・1号特定技能外国人受入報告(外国人就労監理システムより)(1カ月以内)
 ・国土交通省が定める受入後講習実施(原則3カ月以内)
 ・1号技能外国人を建設キャリアアップシステムへ登録及び、登録完了の届出
  (原則1カ月以内)




同シリーズ関連記事はこちら
『特定技能とは?』建設業の対象職種について-特定技能解説シリーズ①
特定技能外国人を受け入れるための条件とは?-特定技能解説シリーズ②
特定技能1号とは?-特定技能解説シリーズ③
特定技能外国人受入の流れ(国内で就労中の場合)~特定技能解説 シリーズ④-2~
国交省「建設特定技能受入計画」の認定-特定技能解説シリーズ⑤
特定技能「入管で必要な手続きは?」-特定技能解説シリーズ⑥
特定技能外国人受入後に必要な手続きは?-特定技能解説シリーズ⑦-1
特定技能外国人受入後に必要な手続きは?(建設業)-特定技能解説シリーズ⑦-2
1号特定技能外国人への具体的な支援について-特定技能解説シリーズ⑦-3

外国人雇用 | JAC | 特定技能外国人 | 建設特定技能受入計画




        

        

建設業新規許認可申請のことなら!お任せください!TEL.052-982-6877またはお問い合わせフォームから