建設業許可取得に強い坪井事務所 建設業界フルサポートサービス(名古屋・愛知・岐阜・三重)

ブログ・新着情報

公開日:2021.10.07  最終更新日:2021.10.21

『特定技能とは?』建設業の対象職種について-特定技能解説シリーズ①

建設業を含め、人材不足が問題となっている産業において、外国人労働力を確保する等の理由から、2019年4月に法務省により特定技能外国人制度が創設されました。
即戦力として雇用する事が可能で、さらに技能実習と比べて在留期間も長くなっています。

1.特定技能による在留資格について
特定技能には2つの在留資格があり「1号」と「2号」があります。

「1号」
相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格

「2号」
特定産業分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格

「1号」よりも更に高い技能が求められるのが「2号」で、試験合格に加え「班長としての実務経験」が必要とされます。(※2号への認定について、現段階「建設キャリアアップシステムの技能評価レベル3に要する実務経験年数と同一とする方針」とされていますが、詳細決まり次第国土交通省HPで公表されます。)



2.特定技能外国人の受入対象職種
現在のところ19業務区分あり、次の通りとなっています。

型枠施工、左官、コンクリート圧送、トンネル推進工、建設機械施工、土工、屋根ふき、電気通信、鉄筋施工、鉄筋継手、内装仕上げ、表装、とび、建築大工、配管、建築板金、保温保冷、吹付ウレタン断熱、海洋土木工

上記にない他の職種も、受入準備が整い次第追加される見込みです。



同シリーズ関連記事はこちら
特定技能外国人を受け入れるための条件とは?-特定技能解説シリーズ②
特定技能1号とは?-特定技能解説シリーズ③
特定技能外国人受入の流れ(新規入国者の場合)~特定技能解説シリーズ④-1~ 
特定技能外国人受入の流れ(国内で就労中の場合)~特定技能解説 シリーズ④-2~
国交省「建設特定技能受入計画」の認定-特定技能解説シリーズ⑤
特定技能「入管で必要な手続きは?」-特定技能解説シリーズ⑥
特定技能外国人受入後に必要な手続きは?-特定技能解説シリーズ⑦-1
特定技能外国人受入後に必要な手続きは?(建設業)-特定技能解説シリーズ⑦-2
1号特定技能外国人への具体的な支援について-特定技能解説シリーズ⑦-3



特定技能1号 | 特定技能2号 | 特定技能外国人

建設業新規許認可申請のことなら!お任せください!TEL.052-982-6877またはお問い合わせフォームから